平成2年に建設省(当時)河川局より「『多自然型川づくり』の推進について」との全国通達がされ、これ以降、多自然型川づくりが本格的に行われることとなりました。その後、平成9年に河川法が改正され、河川環境の整備と保全が目的として明確になり、併せて河川砂防技術基準(案)の中で「河道は、多自然型川づくりを基本として計画する」ことが位置づけられました。

平成18年には、それまでの個別箇所の河川環境保全というイメージから脱却し、河川全体の調査、計画、設計、施工、維持管理等すべての行為を対象とし、多自然以外の「型」はないとの観点から「多自然川づくり」となり、現在では全ての河川で多自然川づくりが行われています。
 
多自然川づくりの定義 
河川全体の自然の営みを視野に入れ、地域の暮らしや歴史・文化との調和にも配慮し、河川が本来有している生物の生息・生育・ 繁殖環境、並びに多様な河川風景を保全あるいは創出するために、河川の管理を行うこと。
 
 
以上の経緯を背景として、我々は素材としての自然石に着目し、特許「PSS工法」をベースに、亀甲金網と自然石を一体化した「亀甲ストーン」、自然石をチェーンで連結一体化する「連鎖ストーン」などの技術開発を行い、平成10年にその設計、製造、施工 を行う会社で「多自然川づくり協力会」を発足しました。

 PSS工法(特許)概念図
  P:Perfect 完全な
S:Stone  石の
S:Setting 固定
  
   
亀甲ストーンの亀甲金網に取り付け 連鎖ストーンのチェーンに取り付け

 用途
 ●河川護岸工
 ●河川根固工・水制工・護床工
 ●砂防流路工・砂防堰堤
 

         プライバシーポリシー

Copyright(C) 2008 T・K・K All Rights Reserved.